防音グッズの紹介

マンションで隣人の話し声やテレビの音が聞こえる!
自分の音が近所の人に聞こえてないか気になる!
引越し以外で防音対策をしたい人のための情報案内サイトです。

マンションは工法に壁や窓の防音性が低い場合があります。
手軽でできる防音対策から本格的なものまで、様々な防音対策があります。

話し声、子供の遊ぶ声、ペット、テレビ、ラジオ、ピアノやギターなどの楽器など、生活には色々な気になる音があります。
それぞれに対策ができますので参考にしてください。

防音壁(シート・パネル)

本格的に防音対策をするなら防音壁をお勧めします。
引越し時に取り外しできるタイプがおすすめです。

シート・パネルはあらかじめ大きさを測って注文します。

以下のサイトでは壁を傷つけずに簡単に防音壁を設置できるワンタッチ壁ボード(遮音シート仕様)が紹介・販売されています。
http://www.pialiving.com/bouonbo-do.htm



防音カーテン・遮音カーテン

窓の防音はカーテンを使って防音をする方法もあります。
遮音カーテン・防音カーテンなどの多数の商品があります。
色やデザインも色々なタイプがあります。

選ぶコツはサイズに注意することです。
上部を密閉できるタイプだと防音効果はかなり高くなります。

本格的な防音カーテンの場合、かなり重量が重くなります。
この場合、カーテンレールの取替えが必要な場合もあり、専門業者による施工が必要な場合もあります。
一般的にはそこまで本格的なものは必要ない場合が多いので、用途に合わせて選ぶようにしましょう。


防音レースも、防音カーテンとあわせて使用すれば効果が上がります。



レースカーテンもあります。

防音サッシ

これから家を建てる・選ぶという人は、防音サッシも注目しましょう。
マンションのサッシは交換できない場合がほとんどです。

YKKやトステムといった大手からも家庭用の防音サッシが出ています。

遮音等級が選ぶ目安になります。
最も効果を高くするには二重サッシにします。

断熱サッシの場合はそれ自体が防音効果を持っています。

防音ドア

防音ドアは本格的な防音が必要な場合に設置します。
マンションの場合は共用部になるため勝手に付け替えることはできませんが、既存のドアに専用の防音パネルを取り付けることで防音ドアとして利用できるものがあります。

自作してしまう人も結構いますが、作業時の音にも注意しましょう。

価格はメーカーのページに記載されていることが多いです。
ダイケン
http://www.daiken.jp/b/onkyo/on05.html
松下電工
http://www.daiken.jp/b/onkyo/on05.html

イヤーマフ・耳栓

防音用のイヤーマフは色々なタイプがあります。
長時間つけても疲れないものがいいですが、専用のものを選ぶと良いでしょう。
防寒用イヤーマフをそのまま使ってもある程度の防音効果はありますが、夏は辛い(笑)

また、耳栓と併用することで大きな効果が期待できます。

耳栓も種類が多く、自分に合うものを見つけるのが大変ですが、お試しセットを利用すると一度に試すことができます。

耳栓の選び方としては、遮音性能のほかにも付け心地をチェックしましょう。
水洗いできたり、耐久性に優れた商品もあります。
日常的に使う場合は消耗品の感覚で利用するといいでしょう。

購入は通販がいいでしょう。
ダイソーなどの100円ショップでも耳栓を販売していますが、それで十分という人も多いようです。

数ある防音対策のなかでも最も価格がやすく、お手軽な方法です。

その他の防音

・ノイズキャンセリングヘッドホン
電車や飛行機などで周りの音が気になる場合はノイズキャンセリングヘッドホンが役に立ちます。
普通のヘッドホンに比べるとかなり高価ですが、効果は期待できます。
大きな電器店などでは試着できる場合があります。
※参考
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/tokushu/gen/20070409/121538/